自然葬と天皇家の葬送方法

###Site Name###

現在の定説では、700年文武天皇の時代に西遊記で知られる玄奘三蔵の弟子にして、奈良の大仏建立に尽力した行基の師である道昭の火葬が日本初の火葬とされ、703年に天皇家初となる41代持統天皇の火葬が行われ、室町時代中期から江戸時代初期の109代明西天皇まで火葬が定着しています。

近世の天皇家や皇族は、大正時代の皇室喪儀令により自然葬の一つである土葬による葬儀が行われる様になり、昭和23年の皇室喪儀令の撤廃とともに発布された墓地、埋葬等に関する法律の施行後も天皇家や皇族では土葬が行われて来ましたが、今上天皇及びその皇后は費用などの問題から土葬を行わず、火葬を行うと決まり物議を醸しています。

ロケットニュース24について知るならこのサイトです。

天皇家や皇族でも、仏教や神道などの宗教問題、経済的な問題により火葬と自然葬の土葬と揺れ動いて来た歴史があります。



日本国内では、急激な勢いで少子高齢化が進み、従来の宗教観や血縁に関する考え方が大きく変化しており、先祖代々の墓の継承や墓の購入及び所有に疑問を持つ人達が増え、天皇家とは逆に火葬から散骨や樹木葬などの自然葬を希望する人達が増えています。

又、金額により戒名の院号や道号、位号等の号が決まったり、墓石や仏壇などの高額化、金額によりお経の種類や長さが異なるなど葬儀関連の企業モラルに対する不信感も自然葬が脚光を浴びる一因とされています。

現在の自然葬は、散骨と樹木葬がほとんどですが、散骨に関しては日本国内だけでは無く、海外の世界遺産などでも出来る様になっており、宇宙葬などの新しい葬送方法もあります。